アノマロカリスリング

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

男の子のロマンシリーズ第二弾 古代へのロマンを詰めたリングです
男の子の好きなものと言えば、恐竜や化石。
その中でも今回はちょっと趣向を変えてカンブリア紀最大の肉食生物アノマロカリスをリングにしてみました。

素直に恐竜を作らないのがウチのスタンスっぽくて気に入っています。
恐竜も素敵ですがカンブリア紀バージェス動物群のデザインは突飛なのが多くてとても面白い。
全体の質感は艶消し、瞳は鏡面にしてあります。
結構愛嬌のある顔に仕上げられてとても満足しています。

リング裏側にはネビュラジャスパーという珍しい石を留めてあります。
これはカンブリア紀にも生息していたストロマトライトというプランクトン類の化石だと言われています。
ストロマトライトが存在していたおかげで地球に酸素が満ち、生物の爆発的な発生を促したと考えられています。
それらが長い年月を経てジャスパーとなり、現在ネビュラ(星雲の意)の名が付いて出回っていることに不思議な因果を感じます。

本体:シルバー925
石:ネビュラジャスパー
本体サイズ:最大上下幅34mm 顎の左右幅30mm
  • 価格:18,000円
  • 種類: